ON4.jpg

Interconnection through Audiovisual Art

Otodojo Nodesとは?

Otodojo Nodesは、audiovisual art(視聴覚芸術)を通じて触れ合うコミュニティです。「Otodojo」とは即ち「音道場」、音を学ぶ場。このプロジェクトがきっかけとして、皆が交流しあい学び、結び目(節点)になる、という思いを「Nodesは表現しています。私たちは、otodojoやパートナーの美的で斬新なテクニックを対話方式で紹介します。そうすることによって、個々がotodojoのユニークな哲学的概念に思いを馳せることとなります。私たちの作品はパフォーマンスやエアドロップへのアクセスによって、コレクターに価値を届けます。

ロードマップ

Otodojo Nodesは、コミュニティの自然な成長を目指します。私たちのアートとコミュニティは、NFTの本質的な価値を表しています。ロードマップはプロジェクトの進展にともなって更新します。

Roadmap V2.1 (JP)-modified.png
download.png
64c7c86fd70cb2aea77b49fd340164b3.webp
694a54c69a2b43bdbf143225c90fb50a28d4a9ea.png
lt.png

​制作チーム

0017906236_10-modified.png

otodojo

アーティスト・共同制作者

otodojoのプロデューサー、DJ、ビジュアル・アーティストの活動は、常に未知の世界にさまよいながら行われ、それらの過程で音の深理を学ぶところから「otodojo」と呼ばれる。時間や空間を浮遊する中で、常に存在するであろう意識外のヒントを探り、リスナーの緩急の心理状態、つまり緊張と余裕の波長に合致した点に於て、遊び心のある解放感を与える直感を磨き続けている。

otodojoはデトロイトを拠点とするマルチメディア・アーティストで、サイケデリックな音楽作品と、広範囲に消化可能な視聴覚体験とのバランスを取っている。アルバム「A Sound Place」(2019年Acid Campから)、「PJ007: otodojo - Return to Neo-Tokyo」(2022年Perimeter Junkから)、またミックスやEPも多数リリースしている。多くの場合、otodojoの芸術は、アイデンティティ、意識、社会的および環境的癒しなどの自分の経験に基づいてテーマを具現化する。

otodojoMicrotonesの設立者の一人でもある。芸術とは別に、コーネル大学で化学の博士号を取得、空手で黒帯を保持している。

Ryu Goto_3_(C) Ayako Yamamoto _UMLLC_3-modified_auto_x2-modified.png

五嶋 龍
プロジェクトマネージャー・共同制作者

龍はNFTに加わる以前、プロのバイオリニストとしてほぼ30年近くの経歴があり、カーネギーホール、サントリーホール、ウィーン楽友協会、シドニーオペラハウス、ミュンヘン文化センターなどの輝かしい場所で演奏した。

 

2021年の初冬、彼はカルダノNFTに加わった。カルダノの追求するサステナビリティに同感し、それはNFTの科学的概念が必ずやアーティストに画期的な力を与えてくれると信じているからである。

 

ハーバード大学の物理専攻終了。一方で熱心な武道家で空手の黒帯保持者、米国代表として多くの大会に出場している。

download.png
PngItem_6512070.png

コレクション1:「渦巻」
ジェネシス完売!!

このコレクションでは私たちが人生に於て度々周期的に経験する似て非なるものを透視し作られたものです。

「渦巻」はジェネシスジェネレーティブで構成されています。ジェネシスは、12種類のムードをそれぞれ完璧なループの12個ずつ含む、144個のハンドメイドの限定セットです。一方
ェネレーティブジェネシスで確立されたムードからアルゴリズムにより派生し、供給は限られた時間内に上限無しのミントによって決定されます。

Button-Large-3.png